• ホーム
  • 生理周期をコントロールする方法

生理周期をコントロールする方法

心配している女性

女性にとって毎月やってくる生理は、めんどうに感じることもあるものの、来ないとそれも大変です。
うんざりとしてしまう理由としては、出血による下着の居心地の悪さであったり、蒸れやニオイなども、不快感の要因となっています。
出血量の多い二火は、使用するナプキンのサイズも大きいため、その日の選ぶようふきにも気を使いますし、白い洋服は着ることさえためらいます。

しかし生理というのは、実は周期を自分で管理することができるものでもあります。
経血コントロールという方法によって、生理の期間も快適にするkとは可能です。
尿意を感じても自分でコントロールができるように、経血もセルフでのコントロールが可能です。
ある程度の経血をためておいて、お手洗いに行った時に出すというのが、経血コントロールの方法です。

経血コントロールで大事なのは、骨盤底筋をしっかりと鍛えて、自分での意識することが必要です。
簡単なエクササイズがあるため、それを1日に10セットほど行います。
生理の血がたまってきたと感じたら、トイレへ行くというやり方です。

生理の周期をコントロールする方法として、産婦人科を受診して、医薬品を処方してもらう手段があります。
低用量ピルを服用する方法で、必ず病院で診療をしてもらうことが必要です。
ピルは人によって、吐き気などの副作用があるケースもあるので、様子を見ながらがよいでしょう。

ピルの薬は、1サイクルの1シートで、金額として2000円から3000円ほどかかります。
基本的には保険はきかないものの、女性特有の疾患での治療の場合、保険が適用されるケースもあります。
ただ、ピルは医薬品であるということを忘れないようにして、必要に応じて使うことも必要です。

関連記事
生理前の症状なら無添加の低用量ピルが効く 2019年12月31日

生理前のさまざまな症状に悩んでいるという場合、無添加の低用量ピルを利用してみると良いでしょう。無添加の低用量ピルは避妊効果があるというだけでなく、ストレスの多い現代社会で活躍している女性にとってさまざまなメリットがあります。生理前のイライラや生理痛を軽減させる、生理周期を安定させる、子宮体がんや卵巣...

生理による病気の保険適用に関して 2019年11月23日

毎月の生理、それに思春期、妊娠、出産、更年期と一生を通して、常に女性ホルモンが体に影響をあたえます。そのためにおこる冷え性などの症状は免疫力を下げ、病気の原因になります。生理の時の生理痛などは日常生活に支障をきたすこともあります。生理痛がひどい月経困難症は治療をしないで、痛み止めの市販薬だけで様子を...

生理の時の月経過多をマーベロンで治療できる 2019年09月09日

女性の場合は生理が50歳前後まで続きますが、月経には個人差があるので、出血量があまりにも多い場合には日常生活にも支障をきたすことがあるので、マーベロンなどの低用量ピルを服用して月経の量を減らす治療が行われます。生理の時の月経過多の原因としては子宮筋腫などの病気が考えられますが、それ以外にもストレスな...

生理に関する不調~ホルモン分泌異常検査を受けよう 2019年09月26日

女性の体では、ある程度年齢を超えるといつ妊娠しても良いように、その準備が定期的に行われるようになります。そのひとつとして、受精卵迎え入れるために子宮内膜が分厚くなることが挙げられます。厚くなった子宮内膜は、しかし受精卵が着床しなければ、体にとっては不必要なものになります。生理とは、この不必要になった...

生理中の避妊率と女性の甲状腺の病気について 2019年10月27日

生理中にセックスをした時には膣内に射精をしても妊娠しないと考えられていますが、これに関しては根拠が全くないので注意が必要です。生理中には妊娠はしないのですが、膣内に射精された精子は1週間程度生きているので、子宮に到達して妊娠することがあります。避妊率が向上することに関しては生理が何日目かによって異な...